メインコンテンツ

           

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
          
月別記事一覧
  

「買いは家まで」「売りは命まで」とは?

 「買いは家まで」「売りは命まで」
 投資業界ではよく、

(1)「買いは家まで」、(2)「売りは命まで」

という言葉をつかいます。これは、投資業界では標語みたいなもの、セオリーだと思っていたんですが、意外と知らない人が多いらしい!

っということで、今日はちょっとその意味を解説してみようと思います。
話を単純化するために「株式投資」にターゲットを絞って考えてみましょう。

(1)買いは家まで

A社の株を100万円分買ったとします。ある日、A社は倒産し、株は紙切れとなってしまいました。この時の損した金額はいくらですか? 当たり前ですが、100万円で済みます。つまり、買い付けに使った金額(出資額)にリスクが制限されているということなんです。命までとられるような大損をすることはありません。

買いの場合の「リスクは有限」←これがポイントなのです。

(2)売りは命まで

次に「売り」の例を考えてみましょう。「売り」は投資をされたことがない方にはちょっとイメージが難しいかもしれません。簡単に言いますと、「株を持っている人から株を借りて売る」のが売りです。
例えばA社の株を100万円分友達から借りてきて、売ったとします。翌日、A社の株は80万円になりました。本来なら、20万円損をするところでしたが、前日に売っていたので損せずに済みました。この株を、80万円の時に買って友達に返せば、20万円手元に残りますよね
逆に120万円に株価が上がってしまうと、20万円損してしまいます
こういった取引のことを「空売り」とか「信用売り」と言います。下落相場の時に儲けたい人がよく使う手法です。
ただし、この方法には大きな欠点があります。それは、株価の上がる可能性は無限にあるということです。株価が、3倍、4倍・・・仮に100倍になってしまったとしましょう。どうなりますか? ものすごい損失になってしまいますよね。本当に自殺者が出るそうです。

売りの場合の「リスクは無限」←これがポイントです。

つまり、

「買い」と比較して「売り」は危険ですよ!!ということを表現するために、

「買いは家まで」「売りは命まで」という言葉で表現しているわけです。

ちなみに今流行りのFXも売りから始めた場合、リスクは大きくなります。さらにレバレッジを100倍に設定してたりなんかして、値段が上がってしまうと・・・地獄絵図です(汗)

しかし、こんな程度の初歩の知識もないのに、「売り」やってしまう人もいるんですよねー。リスクの大きさをきちんと把握していなかったりすると、大変です!!

*投資を始めるならネット証券人気No.1のSBI証券がおススメです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック