メインコンテンツ

           

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
          
月別記事一覧
  

「お金に働いてもらう」という感覚が身についているか?

投資を始めるにあたり、一番大切なことは、

「労働してお金を稼ぐ」と言う感覚から
「既に稼いだお金に働いてもらう」という感覚への変化です。

この感覚を身につけるためには、(1)本を読んで感覚を身につける(2)実践して感覚を身につけるの二通りのアプローチが必要じゃないかなと思います。

(1)本を読んで感覚を身につける

いきなり、投資を実践するのはちょっと怖いですよね。まずは、「お金に働いてもらう」ということはどういうことがというイメージをざっくりつかんでおくことが重要です。そのために私がお勧めしているのはこの2冊。

バビロンの大金持ち The Richest Man in Babylon
 ⇒理系じゃけんで書いた感想

(一部引用)
”金貨は「賢明な持ち主」のためならば喜んでこつこつと働く。「賢明な持ち主」とは、金貨に儲かる仕事をあてがい、金貨をけものの群れのごとく増殖させるものをいう。”

そう、この感覚!

金持ち父さん貧乏父さん

(一部引用)
”中流以下の人間はお金のために働く
金持ちは自分のためにお金を働かせる”

そう、この感覚(笑)。

この感覚を具体例と共に学んでいくには、上の2冊がとっても役に立つような気がします。損はさせません。是非是非読んでみてください。

当然、僕は2冊とも持っています(笑)。




(2)実践して感覚を身につける

投資を始めると損をすることがあります・・・。残念ですが・・でも止めないでください。長期分散投資で投資を続けてください。かならずいつか・・利益が出てきます。

一度失敗したからといって投資を止めない
利益が出ると信じて、自分の道を貫く!!

そうすれば、必ず利益が出せると思います。
(もちろん投資は自己責任で・・・)

まずは、投資で利益を多少なりとも出して、「お金に働いてもらう」感覚を身につけてください。いずれ、お金のために働くのではなくて、お金に働いてもらうことが、投資家の感覚だということに気付くはずです。

これこそ、まさに”複利”の感覚なのです。

ちなみにアインシュタイン博士も

「人類最大の発明は複利である」

という名言を残した程です。

まさに、

お金に働いてもらう感覚≒複利の感覚

これが大事!!

何としてでもこの感覚を身につけてください!


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック