メインコンテンツ

           

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
          
月別記事一覧
  

ドル・コスト平均法とは(投信の金額買付)

投資に興味を持たれているあなたなら、

「ドル・コスト平均法」はご存知ですよね??

え!?知らない?

投資の超入門として今回は、「ドル・コスト平均法」を紹介したいと思います。

【ドル・コスト平均法とは】

ある投資対象を売買のタイミングを自分で決めずに、機械的に同じ金額分だけ同じ間隔で投資する方法です。投資対象が安い時にたくさん購入高い時にはあまり購入しないことで、平均購入単価を低くすることができる手法と言えます。

例えば、100万円でA社の株を購入するとしましょう。

以下の表の例で言うと、毎月20万円購入するドル・コスト平均法の方が、毎月同じ株数を購入した時よりたくさんの株を購入できていることになります。いつもこのように上手くいくわけではないですが、投資対象の値動きを読むことが出来ないときは非常に有効な手法であると言えます。



【ドル・コスト平均法には投信の金額買付が便利】

実際にドル・コスト法で株式投資をしようとすると、買付単位株数が決まっているため難しいですよね。その点、金額単位で毎月購入できる投資信託はドル・コスト法に向いています。確かに運用信託料をとられるのはデメリットです。しかし、ドル・コスト法を実践しやすいというメリットはあまりにも大きい!と思います。そういった点で、投信は便利ですよね。

投信のメリットは、

 (1)ドル・コスト平均法が適用しやすい
 (2)資金が少ないときの分散投資に役に立つ
参考

が大きいと思っています。

投信に便利なネット証券(SBI証券など)で投資を始めてみましょう。
そのために、本ブログの投資入門を役立ててくださいね。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック